ご当地 鳥取県の観光地

鳥取県に行こう!鳥取はこんなにも魅力的!

鳥取県は日本の県所在地の一つで、中国地方の日本海側にある県です。東には兵庫県、西は島根県、南は中国山地を挟んで岡山県と広島県に隣接しています。全国の47都道府県の中で、面積は7番目に小さく人口は約57万人と最も少ないです。なんとしは鳥取市、倉吉市、米子氏、境港市の4つしかなくこれまた日本一少ない市を持つ県です。鳥取県は島根県とよく間違えられる上、他の県と比べても流行が届くのが若干遅く、スタバも2014年くらいまでありませんでした。

観光地は以外と結構ありますが、まず最初に見るべき所は、定番中の定番鳥取砂丘です。鳥取砂丘といえば、山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定されている、南北2,4km、東西16kmに広がる砂丘です。観光可能な砂丘としては日本最大です。また仁風閣(じんぷうかく)があります。仁風閣は、鳥取県鳥取市にあるフレンチルネッサンス様式の西洋館です。横浜で魅了な洋館を観れるので、一度行ってみてくださいね。

また、三仏寺という日本一参拝が危険な寺院があります。単独では入山は不可能であり、登山してみる山中の光景はまるで映画のもののけ姫の世界のようです。険しい道のりを越えた後には、普段の登山では決してお目にかかれない素晴らしい経験ができるので、登る価値は十分にあります。

また西日本を代表する山として大山という山があります。東では富士山なら西は大山と言われるほど、景勝地です。鳥取に行ったらぜひ見ていただきたい山です。

鳥取にはご当地グルメがあり、有名なものでアゴかつカレーがあります。鳥取産の魚で「アゴ」というのがあり、このアゴはトビウオのことを指します。アゴが取れる夏のシーズンではアゴの水揚げが非常に有名で、アゴかつカレーは鳥取の自慢ご当地グルメです。また他にもホルモンそばという内臓肉の入った焼きそばも有名です。鳥取では当たり前のように食べられています。甘辛い味噌風味の味付けで、ホルモンと野菜が非常に良いバランスで混ざっている焼きそばです。

水木しげるロード

今や全国区となっている「水木しげるロード」は、駅前から水木しげる記念館までを、登場する妖怪たちのブロンズ像で飾ってある場所です。色々なところに妖怪がいて、トイレや橋などを見て探してみると妖怪が出てきます。スタンプラリーも小さいお子さんには大変有名で、全部埋めると何かもらえるらしいので、集めている子供もいるそうです。なんとゲゲゲの鬼太郎で有名な、鬼太郎のキャラが歩いていたりします。出逢ったら一緒に写真や握手もしてくれるので是非話しかけてみる価値あり!通りに面したお土産屋さんも雰囲気があって楽しいです。

その他の魅力

鳥取県の魅力といえば、市によって違いが多いです。観光客も海産物や海水浴、砂丘などに行かれる人も多いです。日本海に、大山、アウトドアも充実しています。最近では農作物がブランド化しており、大山鶏と言うブランドの鶏が全国に出回っています。果物も美味しく、遊ぶにも食べるのにも適している観光地と言えるでしょう。鳥取はパチンコ店が多くあり、パチンコファンの人は是非立ち寄ってもらいたいです。またオンラインカジノも最近は有名なので、挑戦してみると面白いと思います!日本では知名度は少ないですが、オンラインカジノはヨーロッパでは、本場のカジノ並みに有名ですよ!

歴史的背景としては、中国大陸に近いため、中国文化も入っていると言えます。たたら製鉄などはかなり発展しており、経済も急成長しております。砂丘地帯には縄文遺跡、弥生遺跡も存在し、古墳も多く発見されています。ぜひ鳥取に行った時は、砂丘や山以外にも、古墳を見に行ってみてください。