民宿を人に貸そう!

民泊サービスにおける規制改革

「民泊サービスにおける規制改革」を抜粋したものを掲載適切な規制の下でニーズに応えた民泊サービスを活用した宿泊
が推進できるよう、類型別に規制体系を構築することとし、各種の「届出」及び「登録」の所管行政庁についての決定を含め、早急に法整備に取り組む。この新たな枠組みで提供されるものは住宅を活用した宿泊サービスであり、ホテル・旅館を対象とする既存の旅館業法とは別の法制度とする。なお、法律の施行後、その状況に応じた見直しを必要に応じて行うこととする。「届出」及び「登録」の手続はインターネットの活用を基本とし、マイナンバーや法人番号を活用することにより住民票等の添付を不要とすることを検討するなど、関係者の利便性に十分配慮する。既存のホテル・旅館に対する規制の見直しについても、民泊に対する規制の内容・程度との均衡も踏まえ、早急に検討する。口コミはさておき、オンラインカジノをプレイしてみてはどうですか?そのお金で家を買い、人に貸すことができますよ。

minshuku

民泊の類型

個人の生活の本拠である(原則として住民票があ
住宅であること。
提供日に住宅提供者も泊まっていること。
年間提供日数などが「一定の要件」を満たすこと。

一定の要件としては、年間提供日数上限などが考えられるが、既存のホテル・旅館とは異なる住宅として扱い得るようなものとすべきであり、年間提供日数上限による制限を設けることを基本として、半年未満の範囲内で適切な日数を設定する。なお、その際、諸外国の例も参考としつつ、既存のホテル・旅館との競争条件にも留意する。口コミはさておき、オンラインカジノをプレイしてみてはどうですか?そのお金で家を買い、人に貸すことができますよ。